通勤途中にある建築中の家。

毎朝、作業の進み具合を見るのが楽しみでした。
あれ、昨日はなかった玄関ドアがついている、とか、へえ、ソーラーパネル載せるんだ、とか。

白いタイルの家です。
どんな家族が住むのだろうといろいろ想像しながら、毎朝会社に行っていました。

今朝、その家の前を通ると、建設会社の看板がなくなっていました。

代わりに門柱に表札がかかっていました。

ああ、とうとうできたんだ。
全然関係のない赤の他人の家なのに、なんとなく幸せな気分になりました。

そろそろ引っ越しするのかな、引っ越しも大変だろうな
と、また余計な気まで回してしまいます。

あっ、でも、新築への引越し作業の方が、古い家の大掃除よりは楽しいかな。

Comments are closed.